2008年12月24日

保険と預金の違い

保険と預金の違いについてですが、もし何かの自己に遭ったとしても、たくさんのお金を持っていれば保険に頼らなくてもよい訳なので、預金をしておけば保険は必要ないと考えるかもしれません。

万一のときに備えてお金を準備しておくことはできますが、そこで問題となるのは、湯金だけを蓄えておくとするならば、かなり多額の預金が早い時期に準備されなければなりませんね。
しかし、現実は長い時間をけけて、少しずつ積み立てることによってしか一般的には多額の預金を用意することは難しいでしょう。

それに比べて保険は、加入していれば、いつの時点でも少額の保険料で万一のときには多額の保障が得られます。
これが、保険と預金の大きな違いではないでしょうか。

ラベル:保険 預金
posted by tok at 23:41| 保険のしくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。